Skip to content

【アウトライナー】transnoというアプリがすごくフィットしている

Published: at 16:01

Table of contents

Open Table of contents

イデアをまとめるときにはアウトライナーを使っている

私は何か文章を書いたり、図を作ったりする際にはアウトライナーを使って整理しています。

アウトライナーとは以下のように入れ子状になった箇条書きリストのことです。

もともとはNotionをアウトライナーとして使っていたのですが、最近Transnoというアプリに切り替えてだいぶいい感じなのでご紹介したいと思います。

Transnoとは

概要

f:id:ikmbear:20211215152126p:plain

Transno - Outlines, Notes, Mind Mapは、オンラインで使用できるアウトライン兼マインドマップです。

といった特徴があります。


PCからはWebアプリとして、スマートフォンタブレットからはアプリとして使用することができます。

f:id:ikmbear:20211215152425p:plain

価格は無料です。…というか、Proという機能があるんですが、料金が書いておらず、今のところ課金もされていないんですよね笑

ある程度ユーザー数が伸びるまではPRのためにProを解放しているのかもしれません。

機能紹介:アウトライン編

アウトライナーなので、メインはアウトライン機能です。

アウトライン作成

f:id:ikmbear:20211215153005g:plain

TransnoではTransnoteという単位でアウトラインを作成することができます。
一般的なアウトライナー同様にEnterでリスト追加、Tabでリストの構造切り替えを行うことができます。

アウトラインには文字だけでなく画像も含めることができます。

フォーカスイン

f:id:ikmbear:20211215153817g:plain

アウトラインの一つ一つのリストをクリックすると、クリックした要素を親とする階層にジャンプすことができます。

Notionではリストは俯瞰でしかみられなかったので、これは便利!
結構リストが長くなってくると、だんだん見辛くなってきたり、他の部分に気を取られてしまうので、これを使いながら一つ一つの要素を書いています。

折りたたみ

f:id:ikmbear:20211215154453g:plain

一つ一つのリストを折りたたむことができます。
同じ階層にあるリストの粒度を確認したい時に便利です。

アウトラインへのアクション(メモ、チェック)

f:id:ikmbear:20211215154558g:plain

アウトラインのリスト自体にメモをしたり、チェックをすることができます。

イデア以外の部分で、例えば「ここはあの本を参照する」みたいなメモを残しておきたいケースが多々あるので、メモは非常に重宝しています。なお、クリックしなくてもメモはリストに対してShift + Enterで登録することができます。

チェック機能の方はあまり使うことはないですが、買い物リストみたいな使い方する時には便利なのかも。

エクスポート

f:id:ikmbear:20211215153544p:plain

作成したアウトラインはWord、PDF、画像、HTML、OPML形式で出力できます。
なおエクスポートはエディタ上で見えているのとほぼ同じ形式で出力されます。

機能紹介:マインドマップ

私がTransnoを気に入っているのは、マインドマップに切り替えられるからです。

アウトラインってどうしても長くなると全体が俯瞰しにくくなるので、「使いにくいな〜」と思っていたのですが、Transnoであれば途中でマインドマップに切り替えることができるのでその問題が解消できました。

マインドマップへの切り替え

f:id:ikmbear:20211215155423g:plain

アウトラインを開いた状態で、マインドマップのアイコンをクリックすると、マインドマップへ切り替えることができます(もう一度押すと元に戻ります)。

マインドマップの形式はいくつかあるテンプレートから選ぶことができます。

アウトライナーで使える機能はマインドマップでも使える

リストを折り畳んだり、メモを残すというアウトライナーとして紹介した機能はマインドマップ上でも使用することができます。

こういうことをやるためにわざわざアウトラインに戻らなくていいのもポイント高いですね〜。

おわりに

というわけで簡単にですがアウトライナー「Transno」をご紹介しました。

途中でも述べましたが、なぜか今はProが無料で使えるので、ぜひ今のうちに試してみてはいかがでしょうか。