Skip to content

Appraisalを使っている状態でもRubyMineのGUIでRSpecを実行する

Published: at 10:00

Table of contents

Open Table of contents

きっかけ

github.com

先日開発したGemはActiveRecordへの対応を仕様として盛り込んでいるため、Appraisalを使って、複数verのActiveRecordでテストができるようにしています。

それはそれでいいんですが、この状態でいつものようにRubyMine上からテストを実行しようとすると、Appraisalで指定しているはずのGem(ActiveRecord)がないためにテストが落ちるようになってしまいました(コマンドラインからAppraisal経由でテストをすれば問題なくとおる)。

Testing started at 7:13 ...An error occurred while loading spec_helper. - Did you mean?                    rspec ./spec/spec_helper.rbFailure/Error: require "active_record"LoadError:  cannot load such file -- active_record# ./spec/spec_helper.rb:6:in `require'# ./spec/spec_helper.rb:6:in `<top (required)>'Run options: include {:full_description=>/JpLocalGov\.find/}All examples were filtered out

というわけで今回はAppraisalを経由しても、RubyMine上でテストを実行できるようにしていきます。

TL:DR;

前提のおさらい

Appraisal

Appraisalはthoutbot社が管理している、複数のバージョンでのテストを同時に行うためのGemです。

github.com

公式READMEからの拝借になりますが、以下のように指定することで、Railsの3と4の双方の環境でテストを実行することができます。通常のGemfileでは1つのGemに対して、1つのバージョンしか指定できないため、複数環境に対応したい場合に重宝します。

appraise "rails-3" do  gem "rails", "3.2.14"endappraise "rails-4" do  gem "rails", "4.0.0"end

Appraisalを使用する場合、各種コマンドは次のように実行することになります。

bundle exec appraisal {実行対象の環境} <実行したいコマンド># 上記例で、rails-3のかんきょうでテストしたい場合、bundle exec appraisal rails-3 rspec

RubyMineでのRSpec実行

f:id:ikmbear:20220209071635p:plain

RubyMineではテスティングフレームワークに関係なく、GUI上でテストの実行ができます。

一括実行と個別実行の双方を行うことができます。

内部的には、各テスティングフレームワークのexampleやname指定のオプションなどを付与しながら、bundle exec rspecを実行しているだけです。

問題点

上記の通り、Apppraisalはbundle exec appraisalの形式で各コマンドを呼び出すことで、指定した環境のGemfileでコマンドを実行することができます。

逆にいえばAppraisalを経由しないと、Appraisalで指定したGemfileは認識されません。冒頭に述べた通り、Appraisalは複数のバージョンでのテストを可能にするためのGemなので、Appraisalを経由しない = テストが実行できない ということです。

RubyMineでのテスト実行はAppraisalを経由しない形式になっているので、結果としてAppraisalを利用すると、テストが実行できないということになります。

対応策

以下の2ステップで対応します。

  1. Appraisal経由でテストを実行するscriptを作成する
  2. 1のscriptをRubyMineに認識させる。

scriptを作成する

github.com

require 'rubygems'require 'bundler/setup'require 'appraisal'require 'appraisal/cli'begin appraisal_name = ''rails-5.0" # this is just an example, use the appraisal that you have installed  cmd = [appraisal_name, 'rspec'] + ARGV  Appraisal::CLI.start(cmd)rescue Appraisal::AppraisalsNotFound => e  puts e.message  exit 127end

AppraisalのIssueを確認していると、同じような問題が起票されていました。

AppraisalにCLIがあるので、それを間接的に呼び出すようです。このコードでは特定のAppraisal環境をしていするようになっていますが、とりあえずすべてのAppraisal環境で実行するように少し修正しました。

require "rubygems"require "bundler/setup"require "appraisal"require "appraisal/cli"begin  `bundle exec appraisal list`.split(/\R/) do |appraisal_name|    cmd = [appraisal_name, "rspec"] + ARGV    Appraisal::CLI.start(cmd)  endrescue Appraisal::AppraisalsNotFound => e  puts e.message  exit 127end

RubyMineにscriptを認識させる

RubyMineのGUI実行は、それぞれ実行の構成を指定することができます。

zenn.dev

f:id:ikmbear:20220209071725p:plain

複数の構成に対して、まとめて設定を行うためには「Edit configuration templates…」を選択します。

f:id:ikmbear:20220209071741p:plain

左側のサイドバーからRSpecを選択し、「Use cutom RSpec runner script」に、1で作成したscriptを設定します。scriptはどこにおいてもいいですが、Appraisalはプロジェクト固有のものだと思うので、私はプロジェクトのbinフォルダにおいています。

これにより、RubyMineがRSpecを実行するときは、このコマンドを実行するようになります。

実行結果

BUNDLE_GEMFILE=/Users/tadokoroikuma/RubymineProjects/jp_local_gov/gemfiles/rails61.gemfile bundle exec rspec

これらの設定でRSpec実行時にAppraisalのCLIが走るようになり、Gemfileを指定した状態でテストが実行できるようになりました。

感想

Appraisalで作成した環境に対してマトリックス実行する分にはこのスクリプトでいいんですが、「ある特定のテストを特定の環境でのみ実行したい」というケースは対応できないので、対応できるようにしておきたいです(スクリプトの引数処理→Appraisal CLIの引数処理の部分だけクリアできれば、ちゃちゃっとできると思うので)。